2016年10月5日水曜日

「the room」全曲解説 Gt.佐藤伸之




1.VooDooMansion

一つ一つ楽器が重なるイントロ、ウーウーのコーラスが印象的なロックナンバー。
和夫がデモを送ってきて、次のスタジオには
ほぼ完成系になっていたのを覚えています。
デモを聞いてパッとイメージが浮かんだのは映画のキャスパーの世界です。






2.RUNAWAY BOY

the roomのリード曲。MVは予想以上に良いものを作れたと思います。勿論ストーリーの中にはフィクションな部分もあるけど、覚悟をもってこのバンドを結成した4人が等身大で描かれています。この曲を演奏するだけでなぜか元気が出ます。この元気を全国の1人でも多くの人に与えていきたいです。






3.Call you

結成の話の後、和夫が送ってきたデモの中から一番最初に選ばれてアレンジした曲。
音源無料公開の第一弾でもあり、一番最初に発売したCDでもあります。
ロック+ポップ+歌謡曲
SaToMansionの原型といえる曲かもしれませんね。






4.オリオン

和夫が昔からソロライブで歌っていました。4.5年前にSaToMansionの前身バンドに当たる佐藤四兄弟というバンドで1.2回ライブしましたが、その頃からやっていました。
わかりやすいストレートなバラードに4つ打ちのダンスビートを加えて
キャッチーなメロディかつ、のれる。
SaToMansionの楽曲の醍醐味ですね。






5.東京五月

この曲も結成当初のデモ集の中の一曲。
Cメロの歌詞にある「僕の何が足りない」
佐藤和夫の才能が埋もれてしまっている事を象徴した歌詞とも感じ取れます。
こんな所で埋もれている曲じゃない、もっと沢山の人に聞いてもらうべきだ。
おれが、おれたちが、和夫の曲を、才能を120%引き出してやる。そうしておれたちは結成しました。たぶん。
演奏する時は静かめな曲は気を使うからちょっと嫌です。でもいい曲だよね。







6.Interlude howling wolf

インタールードの意味は曲と曲の間の曲。演劇の間の曲。みたいな感じだった気がします。まぁライブでインタールードが始まったら、大体月光が来ると思って大丈夫です。







7.月光

歌って踊れる大人気ナンバーですね。
リード曲でもいいくらい。
このアルバムはリード曲でもいいくらいな曲が多くてどれを入れるか本当に迷いました。最初はミニアルバムくらいの予定だったしね。でも出し惜しみしてもしょうがない!と言うことで前部入れました!ベスト盤ですね。
まぁ、実際まだまだいい曲隠してるけどね。
今後もどんどん産まれると思うし。(和夫ガンバ)








8.R&R Radio

シンプルイズベスト!難しい事はなんもいらない!
ロックでポップで元気で、ライブ映えする曲ですね。Cメロでリードボーカルとりました。こうして録ってみると兄弟でも結構声違うもんだね。
さあ拳をあげよう!




9.止まない雨の向こう

歌詞がいいよね。ぜひ歌詞を聴いてほしい。
↓↓↓


ミーティングの中でみんなでデモを聞いてて、おれが一番に声をあげました。
この曲やろう!

「ベッドを出れば大人になって 嫌いだったあいつにも慣れて 頭下げれば」
一人の人間として、社会人として誰もが経験する仕事。上手くいかない事ばっかり。
なんでおれが謝らなきゃないの?おれ悪くないのに
毎日毎日頑張って、週末になったら飲みにいって、会社や上司の愚痴を吐いて、もう今日は嫌な事忘れて飲もう。明日になったらもう一度、現実に向き合ってみよう。
だから今日は乾杯!
SaToMansionは毎日頑張って働く社会人の味方です。辛い忙しい毎日のなかで助けを求めて楽しみを求めてライブハウスに集まってくれるみなさんがいる限り
おれたちは全力で命削ってライブやるよ!だから今日も仕事頑張ってな!
自分が変われば環境も変わるから、中には嫌いな人もいるだろうけど、頑張ってちょっとでもいいから好きになってみようね。そしたら少し毎日がよくなるかも。
毎日明るく元気に朗らかに!テンションを上げて!だってあと何日か頑張れば
SaToMansionのライブに行けるんだから!

「心配しないで父さん母さん」

この間無事に25歳になったよ。元気に育ててくれてありがとうな~。
この間、車で横転したお父さんは運転気をつけるように。
お母さんへの一番の親孝行はやっぱり氷川きよしと2マンやる事かな。
場所は武道館。よし、頑張ろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿