2015年12月31日木曜日

三男、ボーカル、佐藤和夫


皆様、明けましておめでとうございます。








SaToMansionのVo.佐藤和夫です。




このページを覗いている新年早々暇なあなた達へ、少しだけ小話をさせていただきます。


まず、
僕はチンピラにはなりません。(ユキシロブログ参照)

ギターが弾けなかったらなってたかな、、

せっかくなので、今日はそんなチンピラ予備軍を思わせるエピソードを1つだけ紹介しよう!(ネットにあげれるヤツ🙆)
(注)かなり、長いです。


____________________________________________________________________________________________________


SaToWars~エピソード1~

第1章「明日があるさ」




 僕は小学四年からギターを弾き始めましたご存じの通り兄の影響です。
勉強もスポーツも人並みにやりましたが人並みなのでおもしろくない、そんな時出会ったのがアコースティックギターでした。
とり憑かれたように弾きまくったのを覚えています。
その時すでに自分の居場所とゆうもがどこにあるのかさまよっていたので、もうとり憑かれたようにギターと時間を過ごしました。

 中学に入りバンドを組み、組んだらライブがしたい、できるだけ人が多いとこで、、3年の文化祭、先生に、おいライブやらせろ!

 「は?お前みたいなやつをステージにあげられるか!まず生活を正せ」

 俺「、、うるせー!」(←とは言ってない)

しょうがないので今後卒業まで、
遅刻しない髪染めない悪さしない勉強する、エトセトラ...とゆう条約を締結させ、
校長、教頭、生活指導、担任、エトセトラ、
の前でオーディションライブが行われました、体育館で。

音響設備は当時の用務員である「佐藤さん」
、、は!、、、佐藤!

まずは彼について説明しなければなりません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「佐藤タカユキ」
彼はSaToMansionの歴史においてかなり重要な人物である。
僕らが住んでいたのは岩手県二戸市。山々に囲まれた小さな町です。きれいな川もあるし、冬には白鳥が飛んでくる素敵な公園もある。


ではここで一曲!


佐藤和夫「冬の花」


(↑地元二戸市の冬を描いた歌です。佐藤和夫名義でリリースしています。GOGO!!⇒www.kazuosato.jp) 





しかし、不良の俺たちにとってはそんなのはどうでもいい、ロックをやらせろ!おいロックンロールが足りねーーーー!!!

とゆうボーイズが多かったかどうかは知りませんが、ライブハウスなどないこの町にロックイベントを仕掛ける人がいました。
それが「佐藤タカユキ」氏です。
市民ホールにドデカいスピーカーを積み上げ、市内で活動するロックバンドを数組ブッキングし定期的に「BEAT CHILD」なるイベントを行っていました。
自身も凄腕のドラマーであり、彼のバンドでブランキージェットシティーの曲をアレンジして叩きまくってたあの姿に衝撃を受けたのを覚えています。

そんなバンドたちに混ざって出演している兄ユキシロ(当時ボーカル w笑w)と、兄ヒデキ(当時ドラム 変わってない)。それを見に行く小学生の僕、に付き合わされる友人数名。とゆう図。
シュールですね。ノブユキの気持ちよくわかります。

 僕のライブ初体験は、ミスチルでもなくイエモンでもなくニルヴァーナでもなくゲスの極みでもなく、兄でした。

、、、残念だ、、、

それでもカッコいいと思ってしまう、それがロックの魔力ですね。
ただノブユキと違うのは、
いや絶対に俺の方が上手い、そしてカッコいい、、おれのほうが、絶対に!
俺をステージにあげろ、
おい俺をステージにあげろーーーーー!!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


とゆう流れで文化祭の話しに戻ります。


大人たちの前で数曲演奏しました。
ブルーハーツのリンダリンダ、ハイロウズの青春、スピッツのチェリー、初めてのチュウ(ハイスタの日本語バージョン)、他にもあっような、
かわいい選曲ですね。
ほんとはミッシェルガンエレファントのG.W.Dをやりたかったんですが、校長先生向きではないと思い断念。




 予定曲を披露し、校長先生からのお言葉。



 校長「明日があるさをやりなさい」



・・は?


てめぇの明日を無くされてぇのか?

(↑とは言ってません)



和夫少年「・・れ、練習してきます」


・リンダリンダはうるさいので無し
→トレイントレインで許して下さい!

・初めてのチュウは原曲の方がいい
→お願いします!この曲だけはこのままロックバージョンでやらせて下さい!

・佐藤君はこれから卒業まで遅刻しないで学校にくるように。
→うるせ


社会の厳しさを知りました。

 音響設備を担当してくれた佐藤タカユキさん(以下タカユキさん)
タカユキさん「年寄りさばわがねんだ。」
(↑通訳「お年寄りの方にはロックの良さが分からないのでしょう。」)


うんうん、タカユキさんあなたはやっぱり神だ!





第2章「シスコ野郎」


 帰宅後、メンバーでミーティング。
おいどうする!?明日があるさだぞ!俺はG.W.Dがやりたいのに!
しょうがねぇだろそれが条件なんだから!
ちくしょう!!じゃあシスコやろう!
え?シスコ野郎?
違うよシスコやっちゃおうぜ!
ミッシェルの?
おーそうだ!シスコやろう!
よし、シスコやろう!
シスコやろーーーーーーーーーーーー!!

明日があるさをやるかわりに、ミッシェルガンエレファントのCISCOを本番で内緒でヤってやる!
という小さな反抗をすることで僕らの心は是正され、明日があるさの練習にも真剣に取り組むことができました。






第3章「スター」




本番はよくある高校の文化祭ライブとは違い、全校生徒が強制参加型の後夜祭の一枠で、一般の人も体育館に集まり、
約500~600人くらいいたかと思います。

徐々に高まる緊張感。メンバーの一人は学年会長でしたので、本番前の彼のスピーチにメンバー全員で混ざり、
「3年間僕らが頑張ってきたのは勉強やスポーツ、その他にバンドでした。今日はそのバンド演奏を披露します」
的なノリで披露させていただきました。


ライブが進むごとに徐々に上がっていく会場のボルテージ。
協力してくれていた先生たちも友人達に混ざり最前で盛り上げてくれました。

そして最後の曲
「明日があるさ」

全校生徒オールスタンディングオベーション。
まさに会場がひとつになった瞬間、圧巻のステージ。まさにスター。
俺達、スター


明日があるさも悪くない。


CISCOの時だけみんな、ん?みたいな感じだったけど、
うちの家族も友達も当時の彼女のお母さんまで大喜び。
音楽人生のピークでした。







第4章「転落」



文化祭ライブの興奮冷めやらぬも、学校生活は普段通りに戻っていきます。
ちやほやされていたスターもただの不良に戻っていきます。

事件は起きました。


その頃俺たちが接触し始めた隣町のヤンキー「K」彼はいわゆるガキ大将、悪名名高いヤンキー界のスターでした。(とてもちいさなせかい)
そいつが
お前んとこの学校行ってみてーな。
いいぜ、来いよ


ケンカがはじまりそうな流れですがそんなかっこいいもんではございません。
暇な俺たちみんなで体育館をただ眺めていました。



K「卓球してーな」
和夫「やろーぜ」



弱そうな卓球部を脅し卓球台を占拠。
優雅に流れるピンポンの音に酔いしれていたのも束の間。

体育館と校舎を繋ぐ大きなドアが勢いよく開く。

大きな体育教師、現る。

それに続いて何人かの教師、現る。

走る。

走る走る。

走ってくる。

こっちへ。

俺達めがけて。
 


「ヤバイ。逃げろ!」


一目散に体育館を抜け出し、遠くへ、遠くへ。

早く、もっと早く。

もっと、もっと!

走れ。走れ!

RUN!
RUN!
RUN!
ウェイ!
ウェイ!
ウェイ!


ラナウェイボーーーーーーーーーーーーーーイ!!!!


SaToMansion「RUNAWAY BOY」









女子バレー部のブスがすっごい顔でこっち見てると思ったんだよな

和夫!いいから走るんだ!
 



まいたかな...
どうだろ


とっさの行動だったので、K達とははぐれてしまいました。


あいつら、大丈夫かな...




犯人は現場に戻ると言いますが、僕らも例外なく、ゆっくり体育館の方へ歩いて行きました。



いきなり角からいきなり角からいきなり角から(三回目)

先生登場。



「やぁ先生、調子はどうだい?」


あえなく御用。







職員室でさんざんぶっ飛ばされたあと、一緒にいたのはどこのどいつだ!
「知りません」

どいつだ!
「〇〇中学のKです」

すぐ言いました。


あいつか....


(知ってるんだーやっぱkは有名だなーすごーい^^)



文化祭の時一番僕らに協力してくれていた先生、ずっと黙っている。

黙っている。

座ってまだ黙っている。

逆にこわい。

次の瞬間。


「どんがらガッシャーン!!!」


目の前の大きなガラステーブルをひっくり返す。巨人の星のように。

まじか...

とゆうか他の教師たちがマジでひいている...そして見なかった事にしている...
いったい誰が片付けるんだ..まぁやっぱ俺達だよな~..しかしもともと喜怒哀楽が激しい先生だからこうなってもしょうが..「おいお前ら」

「はいっ!」




あの時俺達がどんな気持ちでお前らに協力したと思ってるんだ


(それを言わないで、)




お前らの熱意が嬉しかった


(やめてー、)




信じてたのに


(死にたい、)




まず一番協力してくれたタカユキさんに謝ってこい


(、、、、はい、、、)





約束破ってごめんなさい。




タカユキ氏
「不良ってゆうのは、
 何もする事が無いから群れる、何もできないから悪さする。
 お前らはミュージシャンだろ、くだらないことする暇があったらお前はスティック持て!
 お前はギター弾け!」


手をあげるでもなく淡々とご指導いただきました。
今でもずっと胸に残っています。




というわけで、もちろん親は学校に呼ばれ、頭を下げます。
自分はどれだけ殴られても痛くないが親が頭を下げるのを見るのは痛いですな...
その時は母でしたな...。



SaToMansionの母(マジ)























次の年からバンド演奏は禁止になりました..
俺らみたいなのがいるからロック=悪みたいになってしまうのかしら..

ちくしょうあの時はなんなすごい楽しそうだったのにー!!
すません反省してます...
ご迷惑をおかけした皆様誠に申し訳ありませんでした...。



とても小さな事で大きな信頼を失った僕達。
中学三年にして人生の栄光と挫折を経験させていただきました。


ありがとうございました。



終幕

ちゃんちゃん♫
___________________________________________________________________________

あれ、
ただの昔話になってしまいましたが、こういった出来事一つ一つが今のSaToMansionの楽曲を生み出しているといっても過言ではありません。
無理やり繋げます。

このあと高校に入ってから自分で曲を作るようになり、TEXAS STYLEが生まれました。初期のベーシストは
文化祭バンドでベースを弾いていた峠下雄治です。中期以降は知ってのとおりリュウタですね、ドラムはサトマンと同じくオデキです。
約12年活動していましたが現在は活動休止中です。




ノブユキのブログで触れていましたが、TEXAS STYLEは売れるために活動していたわけではありません。
僕にとっては誰のためでもなく、自分が自分であるための場所でした。
それがこのバンドの美学です。


人は年を取るし、環境もかわります。
自分の為だけではなく、誰かの為に歌いたいなと今は思います。それが今の僕の美学です。

美学を追求することが僕の美学です。


せっかくなのでチバユウスケ先生の好きな言葉



「変わらないでいるために変わる 当たり前じゃんかそんな事」
The Birthday 「Buddy」より引用




僕の心を救ってくれた音楽があったように、僕らの音楽が誰かを救うことができたらなと思います。



僕は新しいバンドを始めます。
SaToMansionの使命はそこにあると思います。



個人的には実の四兄弟というのはどうでもよくて
今僕が表現できること、したいことを一番共有し合えるのがこの四人なんだとゆう事です。



だーーーいぶ長い記事、読んでくれてありがとうございました!!

やりはじめると止まらない癖があるんですよねー^^
半年分くらいは書きました!


それではライブでお会いしましょう!



SaToMansion をどうぞよろしく!!!!























SaToMansion 佐藤和夫


0 件のコメント:

コメントを投稿